結婚式 髪型

結婚式 髪型さあ どうしましょう

6月は 結婚式ラッシュ 大切なお友達の

結婚式にお呼ばれも多いことでしょう

そこで一番悩むのが 髪型じゃないですか?


結婚式に呼ばれたときの髪型は、セルフ派と美容院派に分かれるところです。
結婚式の髪型には、出席者もかなり悩むことでしょう。
急に結婚式に呼ばれたときなどは、全く美容室にも行けない状態になることもあり
ます。
結婚式では、やはり会食が含まれるため、髪型はなるべく髪が清潔に見えるような
アップスタイルが良いといいます。二次会などは、最低髪が口に入ってしまわない
程度なら、ダウンスタイルも許されるかもしれません。
また、結婚式の髪型で出席者が頭に花をつけることは珍しいようです。しかも、白
系の花をつけると良くないともいわれています。
結局、結婚式での髪型は、アップスタイルが無難でしょう。自分で簡単に出来るア
ップスタイルがあります。
例えば、ふんわり感のある髪型にするには、後頭部・サイド・トップの3つに分け、
後頭部から丸みを持たせます。サイド&トップはタイトな感じにして、高い位置で
まとめるとさらにいい感じになります。生え際の毛をぼかして残し、きっちり感を
おさえめに完成させるとい良いようです。
さらに、髪をまとめる位置が後ろにずらしてあるシンプルでおしゃれな髪型もでき
ます。2箇所に分けてからボリュームを出しながら各部位をまとめます。髪をまと
めて止める位置はつむじよりもやや後方にしてしっかりとまとめて止めます。結婚式に適した髪型となります。

さあ大切な友達の 結婚式

思いっきり 祝福してさしあげましょうね♪

結婚式 お呼ばれ衣装

6月は結婚式シーズン 

人気者の貴女は さぞや結婚式のお呼ばれの機会が

多いのではないでしょうか?


結婚式に出席するときの 衣装って本当に悩みますね

貴女らしさをアピールするチャンスですが

あんまり気合いれて 花嫁さんより目立ってしまったりしたら

それもちょっと困りますね(笑)



結婚式あるいは披露宴に招待されて、難しくて悩んでしまうのが衣裳です。結婚式で白色の衣裳を着れるのは花嫁だけですね。結婚式には様々なスタイル・様式があ
りますが、ほぼ全ての結婚式に当てはまるのが、「白い衣裳を着てはいけない」と
いうことです。
ただ、白色の衣裳全てがダメなわけでなく、白色の比重が多くならないような衣裳
であれば問題ないとされています。アクセサリやーやストールなどでの、多少の白色のものであれば問題ないでしょう。
一方、黒一色の衣裳は縁起が悪く、喪服のイメージがする黒一色の衣裳は避けたほうが良いでしょう。
また、主役はあくまでも花嫁です。自分の衣裳が花嫁よりも目立ってしまわないように注意しなければなりません。
衣裳で意外と見落としがちなのが、花嫁のお色直しの衣裳です。あらかじめお色直
しで着る衣裳の色を聞いておき、その色と同じ色の衣裳は避けたほうが無難ですが、
そこまで気にしすぎると、着れる衣裳がかなり限られてしまいますので、それほど
気にしなくても良いかもしれません。
そして、特に教会での結婚式の場合は、肌の露出が多い衣裳は絶対避けたほうが良
いでしょう。もちろん、披露宴ではある程度の肌の露出は良いかもしれませんが、
結婚式では年配の方々は肌の露出を嫌う場合も多いので注意が必要です。

結婚祝い プレゼント

結婚式のプレゼントについて 書いてみますね♪

先日の藤原紀香さんと陣内さんの 結婚式

素晴らしかったですね

披露宴に出席の 豪華芸能人の方たちの衣装

髪型も素晴らしかったです

あの芸能人の方たちは 一体どんな

結婚祝い プレゼントをしたのでしょうか?

とっても気になりますね♪



結婚祝のプレゼントには、色々なタブーがあります。包丁などの刃物類を結婚祝の
プレゼントとするのは、「縁を切る・裂く」という意味から、タブーとされていま
す。また、「別れ」につながるとされる白いハンカチ、「割れる」鏡もあまりよく
ないとされていますが、本人たちの希望であれば、プレゼントしても差し支えあり
ません。
一般的に、時計は「勤勉」を意味するので、結婚祝のプレゼントとして目上の方へ
贈るのは避けるべきです。もちろん希望であれば大丈夫です。
また、結婚祝い金と同様に、プレゼントも「4」と「9」という数字には気をつけ
ましょう。「4」は「死」、「9」も「苦しむ」につながる数字です。4個、9個
といったプレゼントは絶対に避けましょう。以前は、「2」という数字も、偶数な
ので割れる(別れる)といって避けてきましたが、現在では「2」は「ペア」と考
えるようになり、問題はないとされています。
また、欧米では、キリストが13日に十字架にかけられたことから、「13」は凶
数とされています。
一方、お茶は、お香典返しにされることが多いため、あまり結婚祝のプレゼントに
選ばれることがないようですが、別にタブーではありません。
なお、結婚祝いのプレゼントは、正式には結婚式の1週間前の吉日に渡すのが良い
とされています。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。